Office 365を一番安く使う方法は?ダウンロード版の価格を比較:

office365 5pc/Mac Office2016/office2013 ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!購入した正規品をネット最安値で販売!のoffice365 Professional 激安情報を公開するブログです。

特集「Office365」個人用PCのOffice、どうする?――MacユーザーほどOffice 365 Soloを選ぶべき理由 3 Officeをアップグレードしようかな→次はpro plusもあり

特集「Office365」個人用PCのOffice、どうする?――MacユーザーほどOffice 365 Soloを選ぶべき理由 3 Officeをアップグレードしようかな→次はpro plusもあり

じゃあWindowsを使っている人には無関係なのかというとそんなことはありません。私自身、2015年からはMacに加え、持ち歩くためのWindowsマシンを購入したところです。Office 365 pro plusはMacWindowsを組み合わせて5台までインストールできるので、Officeがプリインストールされていない、安価なモデルを購入しました。

Office 365が個人向けにリリースされた2014年秋冬モデル以降、Officeのライセンス体系が変わり、「PCにプリインストールされたOfficeは、永続的に利用可能」と発表されました(参考記事)。さらに、同じPCを使い続ける限り、最新のバージョンを利用可能です。

 そのため、2014年10月以降に、OfficeがプリインストールされているPCを購入した方「以外」で、Officeをアップグレードしたいという方は、「次は365 pro plus」を選ぶといいのではないかと思います。Windows版Officeも、2015年夏にリリースされる予定のWindows 10と同時期に「Office 2016」として登場することが発表されています(参考記事)。それまでにPCを買い換えない方は、今のうちにOffice 365 ProPlus(2016/2013) 日本語ダウンロード版 5PC Mac Win 対応 マイクロソフト 教育永久版¥ 14,590を手に入れるという選択も賢いと思います。

Office 365 ProPlus(2016/2013) 日本語ダウンロード版 5PC Mac Win 対応 マイクロソフト 教育永久版 - key7jp.com